Moon of Ice より  さらばPopy王国

chigaityan.exblog.jp

口語定型詩(無季・有季俳句、短歌、旋頭歌、片歌、仏足石歌)

朝の知覚

f0321895_05160274.jpg

f0321895_05160274.jpg

[PR]
# by chigai_tyan | 2014-06-23 07:02 | 日  記

傍観者となって

 現在が幸せでないことの無自覚ではなく自覚から身を遠くに置いていること。倖せを望んではいけないと云うスタンスに己を追い詰めて、断酒というカテゴリーを押しつけている。
 少なくとも人生が終わりではなく休火山のような状況にすぎない~時々噴煙を上げる光景を肯定も否定もない地点で傍観している。
(6/22) 

[PR]
# by chigai_tyan | 2014-06-23 06:13 | 日  記

拾い癖

条件の一つ一つが恋の仇
里心ついたか耳の虫の夏
習慣を捨てられなくて依存症
酒好きの昂じて不治のやまいだれ

[PR]
# by chigai_tyan | 2014-06-15 20:41 | 川柳
ふたりゐて確かに其処に在るものを固有名詞の裏に置きたり

存在を奪ひ返して白骨の海に融けゆく霊放れけり

[PR]
# by chigai_tyan | 2014-06-10 19:22 | 口語現かな短歌
さらさらと風の透りて梅雨晴れ間

のうぜんくゎなお伸びやかに煽られる



[PR]
# by chigai_tyan | 2014-06-07 19:19 | 有季俳句口語現かな

口語定型詩(無季・有季俳句、短歌、旋頭歌、片歌、仏足石歌)


by 兵站(へいたん)戦線